■野球で面白い意表をついたプレー

野球というのは、バットでボールをたたいて、相手選手のいない所に飛ばすという、一見なシンプルなスポーツですが、知れば知るほど面白くなっていくという、とても奥の深いスポーツです。
例えば、野球では意表をつくプレーといったものが、試合を盛り上げたり、試合の流れを変えたりすることがあります。
一つの例としては、相手選手たちが油断していて、守備に隙がある場合に、広く空いているスペースにバントでボールを転がして一塁へダッシュするのです。

こうすると、普段はセーフにならないような時であってもセーフになる場合があります。
なお、野球というスポーツは、左打ちのバッターの方が一塁までの距離が短いため、若干ではありますがセーフになりやすいものです。ただし、もちろん足の速さは関係してきます。もし足の速い左バッターがこういった意表をつくバントをすれば、セーフになる確率が高くなるわけです。
また、足があまり速くない選手がヒットなどで一塁に達した場合、盗塁をまったく警戒しなくなる場合があります。こういった隙を突くのも意表なプレーの一つで、足が速くないにも関わらず、スライディングせずに盗塁を成功させることができる場合もあり、こういったプレーが出ると試合が盛り上がるものです。

■野球で意識しておくと面白い得点圏

野球を観戦する時には、きちんとルールを覚えておいた方が、楽しく見ることができるものですが、基本的なことに加えて応用に関することも覚えていくと、さらに楽しく見ていくことができるようになるものです。
例えば、野球というのは、ランナー一塁の場面だと、かなりいい当たりでないと次のバッターのヒットでランナーをホームインさせることはできないものです。
しかし、ランナーが二塁にいれば、足が遅いランナーでない限り、いい当たりのヒットでなくても、ホームインさせることができるものです。
なお、得点につながりやすい塁であるため、二塁、それと三塁は得点圏と呼ばれます。
ですから、野球の試合は、どれだけ得点圏にランナーを進めることができるかが重要になってくるわけです。
そう考えると、一塁から二塁に盗塁をすれば得点圏に達しますから得点の確率が高くなります。
また、ノーアウトかワンアウトでランナー一塁の時、打率が低いバッターや不調のバッターが送りバントをして、得点圏にランナーを進めて、次の打率が良いバッターでヒットを狙って点をとることを考えることがよくあります。
こういったことを知っておくと、一つ一つの場面で色々なことを考えながら観戦することができて、野球を見ていて面白くなるものです。

Valuable information

印鑑付きボールペン
自由が丘 ヨガ
みんなの健康食品・サプリメント百科

Last update:2017/6/8