■高校野球の強豪校はなぜ私立ばかりなのか

高校野球で強豪校と呼ばれるチームには大きな共通点があります。
それは、どこも私立の学校だということです。
公立の高校が甲子園に出場することもありますが、その場合は、公立の星、公立の雄といった、公立の学校であることを強調するような呼ばれ方をすることが多いです。
では、なぜ高校野球では私立が圧倒的に強いのでしょうか。
それは、越境入学が可能かどうかに鍵があります。

公立の場合、入学できるのは学区内に住んでいる生徒と決まっています。
つまり、入学してくる生徒たちは、一定の範囲内にいる人なのです。
しかし、私立の場合はそういった決まりがないので、たとえば、大阪に住んでいる人がまったく別の地域の学校に入学することが可能です。
そのため、高校の職員が全国の中学校を回り、野球のうまい選手をスカウトして学校に入学させることが可能なのです。
また、私立の場合、スカウトしたきた学生からは授業料を取らないといったことも可能なので、結果、いい選手は私立に集まることになり、強い学校は私立ばかりということになるのです。

■高校野球を楽しむために

球児たちの熱戦を楽しむことができる、甲子園での高校野球。
この甲子園の大会からプロへと、活躍の場を広げる球児が毎年たくさんいます。
関心がない人でも、甲子園の季節になれば、ニュースや、新聞で、高校野球の話題を目にすることが多いようです。
もっと楽しみたいと思ったら、一歩踏み出して行動してみることがおすすめです。
まずは、さわりだけでいいので、野球のルールを知っておきましょう。
それほど難しいものではありません。
ピッチャーがボールを投げ、バッターがそのボールを打ち、塁を1周回ることが基本になっています。
ルールがわからなくても、周囲の雰囲気を見ながら何となくわかっているくらいでも、十分楽しめます。
もっと知りたいと思ったら、ルールブックを買うなどして知識を得ておくといいでしょう。
最近は、インターネットを利用して、試合の状況をリアルタイムで発信したり、ほかの人の投稿を読むことも楽しみの一つです。
大勢で盛り上がること自体が楽しいですし、思いがけない裏話を聞くこともできます。

recommend

資格の難易度調べる

2017/6/30 更新